36flavours.com

ふぁんが多いライブチャットを無料でお試し!外国人が利用するライブチャットDXもご紹介中!

ライブチャットで盛り上がることしたい方へ

ライブチャットの基本的な仕組み

ライブチャットの仕組みとは、どのような仕組みになっているのか?
ご存知でしょうか?

大手のサイトと言えばfc2ライブチャットが有名どころですが、らいぶちゃっとエンジェルやライブチャットジュエルの場合、男性がチャットレディーを選び、チャット部屋に入ります。
そして、チャット部屋でチャットレディーと会話して楽しみます。

>>人気の高いライブチャットはこちら<<

男性はチャット部屋を利用するために、前払いでポイントを購入します。
男性がポイントを購入したお金は、ライブチャットサイトの運営会社やチャットレディーの元に行きます。
ライブチャット動画無料サイトの収入源というのは、男性のポイント購入によって生み出されています。

チャットレディー達は、男性が自分のチャット部屋にいる時だけ報酬が発生します。
そのため、チャットレディー達は、あの手この手で、チャット部屋に男性を招き入れようとします。
ある人は、男性の目を引くプロフィール写真にしたり、派手な服装で自分をウェブカメラで写したりしています。
またある人は、男性に営業メールを送る人もいます。

ライブチャットマダムの仕組みはキャバクラに似ている部分があります。
男性が金を払い、女性がその金を貰って相手をします。
男性達は一か月に何万という金をライブチャットサイトに使うのが、当たり前です。
もし、気に入った女性がいる場合、ポイントを消費してチップを与えることができるサイトもあります。
まさにキャバクラですよね?

ある大手のライブチャットサイトは、在宅キャバクラとして、自分たちのサイトを紹介しています。
しかし、ライブチャットは、実際のキャバクラと違って、男性会員は直接、女性と会うような事は基本的にありません。
また、キャバクラでは当たり前の同伴やアフターといったものは存在しませんが、やり方次第では出会うこともあります。

ライブチャットまとめの運営には、チャットレディーを集める事と、男性会員を集める事が必要です。
これができないライブチャットサイトは、閉鎖する運命にあります。
実際、これまでに、たくさんのライブチャットサイトが経営困難となり、閉鎖してきました。
現在、残っているライブチャットサイトは、老舗のサイトと、かなりエッチな出会いができると人気のサイトです。

ライブチャットの楽しみ方

■家に居ながら異性と気軽に話せる楽しさ

ライブチャットの良さ…
それは、なんと言っても『異性と気軽に話せる』でしょう。
例えば、家にいてちょっと暇な時や、一人暮らしで寂しい夜を過ごしている・・・という人には、ライブチャットはかなり楽しめます。
ライブチャットサイトにアクセスして、好みの娘にで話しかければ、すぐに会話が楽しめるというわけ。
しかも、知らない異性の顔を見ながら、そして声を聞きながらリアルタイムに会話ができますので、かなりドキドキ感を味わえます。
家に居ながら、好みの異性と話せるという楽しさ。
そして何よりも、癒しを味わえるのは、ライブチャットならではでしょう。

■テレフォンセックスにおすすめ!

ここでいうテレフォンセックスとは、サイトの通話機能を使った相互オナニーの事を指しています。

アダルト系のサイトであれば、サイトに出演している女の子とエッチな会話をしたり、お互いの顔を見ながらオナニー・・・というのも、可能なんですね。
相手の女性によっては、服を脱いでくれたり、コスプレをしてくれたり、という場合もあります。
普通のテレフォンセックスというのは、お互いに電話越しの声だけでのセックス、とい感じですが、ライブチャットの場合は、相手の表情がリアルタイムに見えるわけです。

ライブチャットの面白いところは、交渉次第で色々な可能性がある、というところではないでしょうか。
こっちのテクニックでHな気分にさせてしまう、というのも楽しいですね。

■まるで恋人みたいに待ち合わせをしてみる

一般的なライブチャットサイトには、メッセージ機能というものがついています。
相手の女性に直接メールを送って、チャットの待ち合わせをする、というのが可能なんですね。
事前にチャットデートの待ち合わせをしておけば、相手がログインするのを待つ手間も省けますし、何よりも、恋人同士のような、そんな甘い気分を味わえるのです。
ライブチャットは、一見すれば、男女が会話をするためだけのサービスですが、ちょっとした擬似恋愛も楽しめるってことです。
出会い系のような、顔が見えないイメージプレイも良いですが、ウェブカメラ越しのリアルタイムな「イチャつき」だからこそ、人気があるのかもしれませんね。

WordPress theme designer: http://thememotive.com/.